STANLEY

STANLEY



スタンレー社は1913年アメリカ・マサチューセッツ州グレートバリントンでウィリアム・スタンレー氏により創業されました。スチール製の真空ボトルを開発し、それまで主流であったガラス製ボトルの弱点である衝撃に対する弱さを克服。割れないボトルは広く人々に受け入れられ、以来、空魔法瓶の先駆けとして大量生産を行い、アメリカ国内で確固たる地位を築きました。1942年には、その機能性と実用性の高さから、第二次世界大戦時のアメリカ軍でも採用され、その後も長期に渡り軍隊で採用されました。1949年には多くの病院、航空会社、鉄道会社などの公共機関でも採用され、また、スタンレーの造り出した独自の真空魔法瓶の原理は深海探査機や最初の宇宙探査機を製造する際にも生かされました。1953年にマントルランプや石油ストーブメーカーとして有名だったアラジン社に製造権を譲渡します。しかし、その後も今日に至るまで「確かなもの、本物は時代に関係なく愛用され続ける」というポリシーのもとに生産を続けています。スタンレーボトルを買うことは、孫の代まで使えるタフな道具を手にする、ということ。スタンレーはこれから先の100年も、世界中のアウトドアライフの必需品として、世代を超えて受け継がれるボトルを作り続けていくだろう。

< 前のページ
次のページ >
9件 [ 1-9 ]

おすすめ商品